セーブマネーボックス

複数あるマンション管理会社からお手頃の業者を見つけるコツ

不動産投資を楽に行う

マンション

賃料引き下げのリスク

マンションのオーナーで自分でマンション経営を行う事もできますが、手間暇がかかることがデメリットになっています。一括借り上げ制度はこのような手間暇を一切かけずに不動産を経営する方法として話題になっています。安心感を得られつつ、一定の収入を得ることができるのが一括借り上げの最大のメリットになっているのです。しかし契約途中の更新時期が最も危険なリスクでもあります。一括借り上げの相場は、周囲の不動産相場や築年数などの変動要因をもとに算出されます。そしてこの金額に交渉の余地はなく、一方的に突き付けられることがほとんどなのです。そのため、大幅な珍鳥の引き下げを余儀なくされるケースも決して少なくないのです。

契約内容をしっかりと確認

一括借り上げ制度を利用する場合には、周囲の家賃相場の変動などを自分なりにマーケティングすることが大事になります。賃料が低くなることにより解約する選択肢もありますが、解約は違約金がかかるなどのデメリットもあります。そのため契約する際に契約書を熟読し、慎重に契約内容を吟味することが大事になります。いつでも解約可能であるといった文言が前面に出されている事も多いのですが、実態としては途中解約などにより損失を被ることもあり得るのです。修繕などの指導されるケースもあります。この場合、応じないことが解約を意味するなどの契約も存在しますので、しっかりと内容を事前に確認しておくことが大事になります。メリットとデメリットを認識することでこのようなリスクを回避することができます。